愛育ねっとからのお知らせ☀ 厚生労働省の研究班が「乳児家庭全戸訪問事業における訪問拒否等対応困難事例への対応の手引き」を作成しました。

更新日: 2013年8月2日

☀ 厚生労働省の研究班が手引きを作成ました。

愛育ねっとの解説レポートですでにご紹介しましたが、「乳児家庭全戸訪問事業(こんにちは赤ちゃん事業)における訪問拒否等対応困難事例への支援体制に関する研究」(平成22~24年度厚生労働科学研究費補助金:成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業)の研究報告が、本年3月にまとまりました。

この事業は、平成21年度から児童福祉法上の子育て支援事業として位置づけられ、全市町村(特別区を含む)の92.3%が実施しています(平成23年7月)。

研究班では、「乳児家庭全戸訪問事業における訪問拒否等対応困難事例への対応の手引き」を作成し、研究報告書とともに、都道府県と全区市町村に送付しました。